トレーニング

シンスプリントって聞いたことありますか?

鶴橋院

島内 渉(施術歴:5年)

2021.04.30

シンスプリント

シンスプリントは、走ることの多いスポーツなどを行っている人に多く出る症状です。
運動時や運動後にふくらはぎの内側に痛みが起こります。
過労性脛部痛とも呼ばれ、脛骨の周りにある骨膜が炎症を起こす疾患です。

シンスプリントってどんな症状?

シンスプリントは、脛骨の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害です。
運動時や運動後にすね内側の中央から下方にかけてズキズキとした痛みが生じます。
「使いすぎ症候群(オーバーユース)」の一つで、走る・飛ぶなどの激しい運動を繰り返し行っていると発症しやすいといわれています。
中・長距離ランナーやサッカー・バスケットボール選手に多く見られ、とくにシーズン初めや新人選手が急激にハードなトレーニングを始めた際に起こりやすくなります。

シンスプリントの原因は?

反復するランニングやジャンプにより下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こるためだと考えられています。
シンスプリントの原因チェック。
□練習量が多い
練習方法(反復する動作)などに問題があることも原因になります。
□扁平足の方
また、靴のかかとの外側がすり減る人も可能性が高いです。
□固い地面を走ることが多い
特に舗装道路でのランニングは注意が必要です。
また、平坦でない場所(舗装道路では中央が高くなっている)を走ることもよくありません。
□かかとのすり減った靴をはくことがある
ソールとヒールがしっかりしているもので、柔軟性のあるものを選びましょう。
□筋力のバランス・持久力・柔軟性などが低下している

シンスプリントの予防10秒ストレッチ

シンスプリントの予防にはストレッチが必要です。
ご自宅でできる簡単なトレーニングをご紹介します。

シンスプリントの予防

スポーツ障害である「シンスプリント」の予防に必要なのが、ストレッチやアイシングになります。
日頃から足の筋力や柔軟性のトレーニングをしておくことが、発症防止につながります。
また、水泳や自転車なども、足の衝撃と体重負荷が一度にかからず、筋肉強化ができるのでシンスプリント予防に効果的です。

症状に関して、疑問点等などございましたら、お気軽に、あい鍼灸院・接骨院 鶴橋院までご相談ください。
https://www.ai-medical.co.jp/store/search/store/turuhashi/

また、お近くの院でもお気軽にご相談ください。

ご予約フォーム
対象店舗必須
お名前(漢字)必須

ふりがな(ひらがな)必須

TEL
メールアドレス必須
生年月日
第1希望日時必須

第2希望日時必須
※定休日・営業時間は各店舗で異なります。予定希望日での調整が難しい場合、
お電話にてご連絡させていただく場合がございます。
※定休日・営業時間は各店舗で異なります。予定希望日での調整が難しい場合、お電話にてご連絡させていただく場合がございます。
ご予約のきっかけ
※複数選択可能
個人情報の取り扱い必須
当社の個人情報に関する取扱いについては「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。
内容をご確認いただき、「同意する」をチェックして「確認画面へ」を押してください。

あい鍼灸院・接骨院が初めての方はこちら>

あわせてこの記事もチェック