健康

冷え性の原因、実は・・・「内臓型冷え性」かも?

2021.09.09

内臓型冷え性

疲れやすい、だるいといった倦怠感、便秘や下痢などのお腹の不調。
その原因は「内臓の冷え」かもしれません。

どんな人がなりやすい?

以前は体力のない、やせ型の人に多く見られましたが、近年では食生活の変化の影響で、体格のよい人にも多く見られるようになっています。
ついつい手早く簡単に食べられるコンビニのおにぎり、麺類だけで食事をすませたり、清涼飲料水や甘いお菓子を毎日とってしまったりしていませんか?
不要な糖分を摂りすぎると腸の筋肉は弱まり、機能が低下します。

・冷たい食べ物・飲み物を頻繁に摂っている
・運動不足気味
・薄着や身体を締め付ける衣服を着ている
・デスクワークなどで1日座っている事が多い
・ストレスと疲労が溜まっている
・湯船には浸からずシャワーだけで済ます事が多い
・栄養バランスの整った食事ができていない

内臓型冷え性の症状

●起床時、脇よりもお腹の温度が低い
朝起きたばかりのタイミングは、脇もお腹も同じ体温なのが一般的です。
そのため、脇よりお腹の方が冷たく温度が低いと感じる場合は内臓が冷えています。

●下腹部を触るとひんやりする
お腹に手をあてて、下腹部を触ったときにひんやり感があると内蔵型冷え性の症状です。薄着でも肌寒い環境でもないのにお腹が冷たいのは内臓の冷えが原因になります。

●疲労が溜まりやすく、風邪をひくことが多い
内臓が冷えていると、エネルギーを作り出す筋肉の収縮運動が落ち、健康を保つための熱を全身へ届けられません。そのため胃腸・内蔵の働きが悪くなるため、体調不良を引き起こしやすくなります。

●入浴時、湯船が熱く感じる
内臓が冷え、体温が引くとぬるめの温度にしても浴槽のお湯が熱く感じます。

●便秘や下痢になりやすい
腸内環境の乱れや機能低下などを引き起こします。結果、腸が動かなくなり慢性的な便秘や下痢といった便通異常を引き起こします。

内臓型冷え性の改善策

・適度な運動やストレッチで、身体を温め血液の流れをスムーズにする。
・冷たい飲み物や食べ物を控え、身体を温める食べ物を食べる。

お腹を温める事で改善できます

●代謝UP
身体の中心が温められることで熱エネルギーがしっかり作られます。血流の流れが良くなり、全身へ栄養が行き届くようになります。

●疲労回復
内臓が冷え、体温が低い状態が続くと体力が落ちて疲労がなかなか回復されません。内臓がポカポカと温まれば血液が行き渡るようになり体が元気になり疲れもとれやすくなります。

●免疫力UP
お腹を温めて体温をキープするとウイルスや病原菌と戦ってくれる免疫力の活動量を上がります。

外側からお腹を温めるおすすめアイテム

・お腹から腰まですっぽり覆うことができる腹巻
・厚手の服を着た上からカイロを貼る

内臓の冷えは、生活習慣の乱れが大きな原因になります。
まずは、生活習慣を見直し、適度な運動やストレッチをし、お腹を温めて、内臓を冷やさないようにしましょう。

それでも冷えが改善されない場合は、お気軽にお近くのあい鍼灸院・接骨院にご相談下さい。

あわせてこの記事もチェック