トレーニング

正しい座り方で姿勢改善!

2020.10.07

日常生活を過ごしていると、肩・腰に痛みを感じたことはありませんか?

その痛みを予防する一番の方法は正しい姿勢で過ごすことが大事です。

【自身の姿勢チェック】

□猫背になっている
□片肘をつく
□肩は背もたれにくっついているけど、お尻の位置が椅子の前の方にある
□机に対して正面を向いていない
□脚を組む

1つでも当てはまれば、身体への負担をかけている事になります。

【正しい座り方】

1.足の裏全体を床につける
まずは、椅子の高さ調節からしましょう。脚が床に着くことで体重の負荷を分散することができます。
2.膝と腰の角度は90度
深く腰掛けて、おなかに横線が入らない(段腹にならない)ように背中を立てて座ります。また、膝を揃えて座ることで脚のエクササイズ効果も期待できます
3.頭はまっすぐ、首の上に乗せる
頭は前に倒さず、あごを引いて首の上にしっかり乗るようにします。そうすることで首と肩への負担を軽減できます。

【椅子で楽に座るには】

バスタオルを1枚用意します。

イスの奥までお尻をしっかりと入れ込んで座ります。

そして、先ほど用意したバスタオルをロール状にし腰の部分に置いて座ります。

もし、腰に当ててあまり楽じゃない方はイスに浅めに座り、バスタオルをお尻の部分にだけ敷いて座ってみて下さい。

この座り姿勢で骨盤が起こしやすく、身体が伸ばされ、正しい姿勢を保てます。

【床で楽に座るには】

床で座って生活されている方は、座椅子などあればイスでの方法と

同じようにしてみて下さい。

座椅子がなければ、クッション・座布団など床からお尻が高くなるようにできるもので代用して下さい。

お尻の下に何かを敷くことで、骨盤が起きるため後ろに倒れにくくなり、正しい姿勢が保ちやすくなります。

【改善されない場合】

快適な座り姿勢をサポートしてくれる商品もおすすめです!

ぜひ、ご活用下さい。

院で販売しておりますので、お気軽にスタッフにお声掛け下さい。

なかなか良くならない痛みにお悩みの方お気軽にお近くのあい鍼灸院・接骨院にご相談ください。

あわせてこの記事もチェック