健康

その症状「秋バテ」かも⁉夏バテならぬ秋バテとは?

2020.09.11

秋バテってなに?

「夏バテ」はよく耳にしますが、「秋バテ」を聞いたことがある方は少ないかと思います。
秋バテの症状は夏バテと似ている部分もありますが、暑さが落ち着いて涼しくなってきたこの時期に自律神経の乱れにより、身体が疲れやすくだるい・食欲があまりなく胃がもたれる・眠れない・頭痛や肩こりがするなどの症状が現れることを言います。

秋バテの原因

秋バテは、夏の間の身体の冷えにより自律神経が乱れているところに、秋の日中と朝晩での寒暖差や雨が続くことによる低気圧の影響が加わることで起こると言われています。

秋バテの予防&対処

自律神経が乱れることで血流が悪くなっているので、37~40°程のぬるめのお風呂にゆっくり浸かり身体を温めてあげることが大切です。
また、マッサージやストレッチ、20~30分程度の軽い運動(ウォーキングなど)を行い、運動不足にならないように生活習慣を見直しましょう!

秋バテ対策には、食事も大切です。
これから旬を迎える、カボチャやさつまいも、きのこ類、山芋は秋バテ予防・解消に効果があると言われているので、積極的に取るようにしましょう!

まだまだ、暑かったり涼しくなったり不安定な天気が続きます。いつでも体温調整ができるように羽織ものやひざ掛けなどを持ち歩くようにしましょう。また、体調不良を感じた時は無理をせず、ゆっくりお風呂に浸かり温かいスープなど食べやすい食事をとり早めに休むようにしましょう。

頭痛や肩こり、体の冷えなどお身体のさまざまな不調について気になることがあれば、いつでも当院にご相談ください。

あわせてこの記事もチェック