健康

めまいでふらつく原因と対処法のご紹介!

2022.05.06

めまい

自分や周囲が動いていないのに、動いているように感じる異常な感覚のことで身体のバランスを保つ機能に障害が起こると発生します。

めまいの原因、症状とは?

・回転性めまい
血液の流れが一時的に悪くなって起こります。肩こりや寝不足、高血圧、更年期などの身体的なものと、ストレスによる自律神経の乱れがあります。
天井や壁、また自分自身がぐるぐる回っている感覚・上下左右に揺れている感覚・立っているのか寝ているのかわからないような感覚、といっためまいになります。
・動揺性性めまい
前頭葉の障害、下肢抹消神経障害、睡眠障害、不安、抑うつ気分などによって起こります。
足下がふわふわする感覚、雲の上を歩いているような足が地に着かない感覚、頭がぼーっとしてふらつく感覚、といっためまいになります。
・立ちくらみ
低血圧・お子様によくみられます。
立ち上がったときに、貧血のような感覚、目の前が暗くなるめまいになります。

めまいが起こった時の対処法

・吐き気・嘔吐・冷や汗・動悸などの症状があるため、無理に動こうとせず楽な姿勢で安静にします。
・頭を低くするなどし、めまいが起こらないような頭の位置を探して目を閉じて安静にします。
・吐き気や嘔吐がある場合、冷たいタオルをみぞおちに当て冷やすと、楽になります。
・首を横に向け吐きやすくし、吐いたものが気管に入らないようにする。
・急に立ち上がったり、頭を動かす動作は避けましょう。

めまい対策とは?

めまいはストレスや寝不足、疲労なども原因と考えられています。
三半規管はストレスに弱く、心配事・疲れがたまる・寝不足だったりすると過敏に反応することがあります。また、メニエール病は、精神的・肉体的疲労・ストレス・睡眠不足などの状態の人に起こりやすい傾向があります。
春先や秋口などの季節の変わり目は、めまいが起きやすいので体調管理が重要になります。
・栄養バランスのとれた食事
・適度な運動やストレッチ
・気分転換
・睡眠を十分にとる
など、規則正しい生活を心がけましょう。

お身体のさまざまな不調などがありましたら、いつでもお近くのあい鍼灸院・接骨院にご相談下さい。

あい鍼灸院・接骨院が初めての方はこちら>

あわせてこの記事もチェック