美容

水の効果を知り身体の内側から健康な身体を手に入れましょう!

2020.08.11

「水を飲むと美容や健康にいい」「1日2ℓ水を飲みましょう」という話をよく聞くと思います。人間の身体は60%が水でできており、体内で酸素や栄養素を運んだり、老廃物を排出したり、体温を維持するなど生命維持に必要な役割を担っています。上記の内容からなんとなく体にいいという事は分かるが、毎日水だけを2ℓ飲むのはつらいという方も少なくないと思います。そこで、水の効果と水のとり方を紹介させていただきます。

水の効果

◆疲労回復
水分が不足すると血流が滞り、体内の酸素や栄養素を上手く運ぶことができず疲労の蓄積につながると言われています。
水分をこまめにとり、血流を良くすることで疲労の回復が期待できます。

◆便秘の解消
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となることがあります。
注意点として、1度にたくさんの水を飲むと吸収される前に尿として排出されてしまう事があるので、こまめに水を飲む習慣をつけることが大切です。

◆むくみの解消
水を飲むとむくんでしまうと思っている方も多いと思いますが、むくみは、体内の血液やリンパ液が上手く循環できず滞る事が原因となっていることが多いです。つまり、むくみの原因には水分が不足が関係します。
積極的に水を取り血液やリンパ液の循環を良くすることで、むくみの解消が期待できます。

◆ダイエット効果
水をこまめに飲むことで体が温まり代謝が良くなるためダイエットにも効果があると言われています。
また、老廃物の排泄がスムーズにできるようになるため、むくみや便秘が解消されダイエット効果が得られると考えられています。

◆ストレスや不眠の解消
水には、リラックス効果があると言われています。ストレスや不眠で悩んでいる方は、こまめに水分を取るように心がけてみましょう!

◆美肌効果
むくみや便秘の解消でも紹介したように、水をこまめにとる事で老廃物の排出がスムーズになるため、新陳代謝が活発になり美肌効果が得られると言われています。

お茶やコーヒーは水分補給に含まれないの?

お茶やコーヒーなどは水分補給にならないので意味がないと言われることもありますが、絶対にダメというわけではありません。
お茶やコーヒーには水と違い種類によって香りや味が異なり、それぞれリラックス効果や胃腸を整える作用など良い効果もあります。
ただし、カフェインなどの作用により睡眠の質が落ちたり、身体を冷やすなどあまりよくない効果もあるため、飲むタイミングや量に注意して取る必要があります。
普段はお水をメインに取り、仕事の休憩中やリラックスしたい時は好きなお茶やコーヒーを飲むなどバランスよくとる事が大切です!

水のとり方

水を飲むと体に良いことは分かっているが、実際どれくらいの量をどうやって飲めば良いかわからない方も少なくないかと思います。1日に飲み水として摂取すべき水分は1.2ℓ~2ℓ程と言われていますが、その日の体調や環境によって多少変わってきます。

お水を飲む際は、一度に大量の水を飲むのではなく、コップ一杯のお水を朝起きて1杯、トイレの後に1杯などこまめに取るように心がけましょう。のどが渇く前にこまめにとる事で脱水症状などの予防にもなります。

最初は無理のない範囲から始め少しずつ水を飲む回数を増やし最低でも1日1.2ℓ取れるように頑張りましょう!

あわせてこの記事もチェック